倉庫内で使われるネスラックの3つの主な利点

倉庫内で、ネスラックは保管ラックとして使われます。ネスラックにはどんな利点があるのかを、まず取り上げてみます。

倉庫の内部

倉庫内でネスラックを使う利点

  • 段積みに保管できるからスペースを無駄にしない
  • 移動させるのが楽なのでレイアウトを自由に変更可能
  • 使わない時も他のスペースを圧迫しない

この3つが倉庫内でネスラックを使う主な利点です。それでは、もう少し詳しく解説していきます。

段積みでの保管が可能

倉庫内に保管できるスペースは限られていますが、その限られたスペースを上手に使うために必要となるのがネスラックです。

ネスラックは、段積みにすることが可能です。つまり、1箇所のスペースに2段3段と積み上げて保管することができ、高さのスペースを有効的に利用することができます。

荷物を単に平たく保管するよりも、段積みにしたほうがたくさん保管できるのはいうまでもありません。同じ広さの倉庫でもネスラックを使うのと使わないのでは保管できる量が明らかに異なり、ネスラックを使ったほうが数多く保管できます。

つまり、倉庫内で保管するためのスペースを無駄なく使えるのです。

倉庫内での移動が楽にできる

ネスラックには柔軟性があり、倉庫内でネスラックの位置を自由に変えることが可能です。固定されているラックは移動するのが大変で、位置を自由に変えることは難しいといわざるをえません。

絶対できないわけではありませんが、それ相応の労力を要します。しかし、ネスラックの場合は位置を変えることが難しくありません。

物を保管したまま移動させることができますので、倉庫内でネスラックの位置を急に変更しなければいけない時でもスムーズに対応できます。

倉庫で保管する荷物の出し入れの頻度が多かったり、短いスパンでレイアウトの変更を行わなければいけない場合は、固定されているラックよりもネスラックのほうが断然便利です。

倉庫内のレイアウトを同一で固定するのではなく臨機応変に変更できますので、いろいろなパターンに対応できます。

使わないネスラックはコンパクトに保管

さらに、倉庫内で使っていないネスラックは、あまり場所を取ることなく保管しておけます。使っていないネスラックは重ね合わせることによって最小限のスペースで保管ができます。

ですので、万が一倉庫の中で使わないとしても、他のスペースを圧迫しないです。このようにネスラックは倉庫内で非常に使い勝手が良くて便利ですから、とても重要な存在となっています。

■【ネスラック レンタル】ネスラックのレンタルは三栄マテハンで!
■ネスラック型・ネステナー型の販売及びレンタルなら三栄マテハン
■URL:http://www.saneimatehan.com/rental/

投稿日:

Copyright© ネスラックを使用するメリットなどの情報のまとめ , 2020 All Rights Reserved.