パソコン廃棄の専門業者に依頼をして省スペースを実現させるようにしましょう!

古くなったパソコンをどうするか。コストもかかり法人であれば切実な悩みです。ならばさっさとパソコン廃棄して、空いたスペースを上手く生かしましょう。

企業も利益が出やすくなりますよ。

■フレキシブルオフィスにできる
デスクトップ型、それもブラウン管ディスプレイがあったりしませんか。もう使わないのに倉庫へ放置してあったりもします。

邪魔ですね。価値を生み出さない物に家賃を払っているようなものです。ならば発想を転換しましょう。パソコン廃棄業者にお願いすれば、無料で引き取ってくれるケースが少なくありません。

それも法人のように同じ形式が大量あれば、業者としても引き取りやすいでしょう。まずは連絡してみましょう。空いたスペースをどうするか。

今度は嵩張らないタブレットやノート型にして、フレキシブルオフィスを作りましょう。特定の場所に社員を固定しないタイプです。

自由な発想が生まれて、より活発な会社になるでしょう。

■狭いオフィスに引越し固定費を減らす

■狭いオフィスに引越し固定費を減らす

パソコンは便利ですが、邪魔です。デスクの中央に鎮座しているけど、それが理由で社員もイライラしていませんか。大きなパソコンは処分して、ノートタイプやタブレットに替えましょう。

そもそもパソコンは必要でしょうか。パソコンがなければ、もっと狭いスペースでも仕事ができますね。するともう少し狭いオフィスへ引っ越すことも可能です。

固定費が減るので、損益分岐点も下がり利益が出しやすくなるでしょう。ちなみにパソコンから出る熱が、夏場はバカになりません。

これが冷房コストを高めていることもあります。より省力型のコンパクトなパソコンに替えれば、会社のコスト体系が大幅に見直しできます。

これも収益アップに貢献します。

■生かしましょう
法人には未だデスクトップ型パソコンが多くあるでしょう。それはコストの塊です。パソコン処分して広い空間を作り出し、有効に生かしていきましょう。