パソコンの処分の方法を知っておくことがビジネスの成功のカギとなることがあるって本当ですか?

ビジネスが成功する秘訣は、チャンスをどのように生かすかです。みすみす見逃していませんか。ピンチも視点を変えればチャンスです。

特にパソコン廃棄の時が、企業活動全体を見直すチャンスですよ。

■ソフトを交換するチャンスです
ウィンドウズのバージョンアップは終わりましたか。法人のようにパソコンが多くあれば、ソフトの交換だけでも一大事です。

今後もそんなことが続きます。頭が痛いですね。ならば思い切って古いパソコンを廃棄し、同時に効率的なソフトを導入しましょう。

今流行のクラウド化、データの保管も併せて、IT関連設備を交換しましょう。コストが減らない理由は、古いパソコンにあるかもしれません。

■ソフトを交換するチャンスです

パソコン処分は事業を効率化させるチャンスです。

■取引業者を見直すチャンスです
会社を長く続けていると、付き合い程度の取引先も多いですね。簡単に契約を切れないのが日本人の悪い癖でもあります。それもコストが減らない理由かもしれません。

ならばパソコン処分をチャンスに、取引業者も見直してみましょう。第一はパソコンメンテナンスの業者です。さらに新しいシステムと合わない取引先も、少しずつ整理していきましょう。

シビアではありますが、会社を儲け体質に転換させたいなら、言い訳として成立するよいきっかけですよ。

■リース契約に換えるチャンスです
パソコンは資産なのか。とはいえ減価償却も終わったパソコンを持っていても価値はありません。今なら法人を相手にしているパソコン廃棄業者もあります。

一度相談してみましょう。今度のパソコンは買取ではなくリース契約にしましょう。その方がソフトやハードを時代に合わせて交換しやすくなります。

併せてコピー機やプリンター、無線LANにしたり、内線をスマホにする。思い切った戦略を考えてみませんか。

■生かしましょう
パソコン処分に際しては、様々なチャンスが訪れます。それを生かしましょう。コスト体系が変わり、社内の雰囲気、作業効率も良くなっていくでしょう。